肌トラブルをカバー ニキビ・ クマ


メイクの仕方で変わる ナチュラルで可愛い上手なメイクの方法
メイクの仕方・モバコム > ベースメイク編 > 肌トラブルをカバー ニキビ・ クマ

ニキビ痕が残っている場合は、カバー用のファンデーションを使って隠そうとしてしまいがちですが、それは間違いです。

カバー用のファンデーションは、カバー力が強い分、油分もたくさん含んでいます。
そのために、ニキビ痕に入り込むと脂っぽさが増し、時間がたつと色ムラになっていしまいます。

美容クリームや、下地などをしっかりして、肌を保護してあげましょう。
そのあとパウダーでうす塗りに仕上げると、ニキビ痕が目立たなくなります。

油分の少ないモイスチャーファンデーションを湿り気のあるスポンジで塗りこみます。
仕上げにフェイスパウダーをはたき、大きめのブラシで余分な粉をはらうようにしましょう。

ニキビが化膿してしまっている場合には、ファンデーションを塗らずに肌を休ませて下さい。
その分アイメイクなどのポイントメイクを丁寧にしておきましょう。

目の下のクマを上手に隠すコツは、スティックやコンシーラーをファンデーションを塗った後に少量ずつクマの部分のせます。
そのあとキメの細かいスポンジで馴染ませ、パウダーで仕上げると良いでしょう。

また、目の周りは皮膚が薄い為、厚く塗ってしまうと浮いてしまうため注意が必要です。
コンシーラーでカバーする場合にはうすくのばして使いましょう。

さらに、こめかみの近くに明るめのハイカラーをのせることで、明るさが引き立ち視線がその部分に集中するので目立ちにくくなります。

目の下にできた黒ずみを消してくれるコンシーラーは、うすくのばすのがポイントです。
しかし、目の下の皮膚は薄い為、のばしにくいと思います。

そこで、平筆を使ってみよう。
目の下のクマと同じ幅の平筆に、ちょうどリップスティックから口紅をとるようにコンシーラーをのせて塗ります。

筆はアイシャドーブラシの中から、自分に合ったサイズの物を選びましょう。

次→ フェイスパウダーの使い方



メイクの仕方・モバコムメニュー


ベースメイク編

ファンデーションの選び方
小じわ ・肌のキメ ・顔色が悪い
肌トラブルをカバー ニキビ・ クマ
フェイスパウダーの使い方
夏と冬のファンデーションの塗り方
ファンデーションを綺麗に塗るコツ

眉メイク編

眉メイクのコツ
左右をバランスよく描くには

目元メイク編

目元をクッキリ見せる方法
目元がくすみがちの人
アイシャドーに変化を与えるには
アイラインの引き方

まつげメイク編

マスカラをつけるコツ@
マスカラをつけるコツA
カールを長持ちさせるには
まつ毛にカールをつける

チークのポイント編

チークで雰囲気を変えよう
チークの入れ方

口紅 ・ リップ編

口紅の色をキレイに出す
リップブラシの選び方とポイント

スキンケア編@

乳液 ・クリーム ・ パック
肌のお手入れにつて
自分の肌質を知ろう

スキンケア編A

間違ったスキンケアが肌の老化を早める
美肌づくりの基本は洗顔から
クレンジング剤
クレンジング方法
洗顔
洗顔の方法
保湿成分
化粧水
美容液
主な保湿成分

スキンケア編B

アイジエイジング 肌の老化の原因
美白化粧品
主な美白成分

マスカラ&アイシャドウ

マスカラ
アイシャドウ

眉毛&眉毛カット

眉毛
眉毛カット

アイシャドウの塗り方&アイライナー

アイシャドウの塗り方
アイライナー

チーク&落ちない口紅

チーク
落ちない口紅

簡単アイメイク術

アイライン編
マスカラ偏

パーティー&イベント対応メイク術

テクニック 1,キラキラアイシャドウをプラス
テクニック2,パープルのハイライトパウダーで透明感アップ!
テクニック3,目頭にキラキラキッドアイシャドウをオン!
テクニック 4,キラキララメ入りグロスオン!
美のルール



ページの上へ▲
メイクの仕方・モバコムトップに戻る
サイトマップ
 

(C) メイクの仕方・モバコム.
スプレッド縮小キャンペーン