乳液 ・クリーム ・ パック


メイクの仕方で変わる ナチュラルで可愛い上手なメイクの方法
メイクの仕方・モバコム > スキンケア編@ > 乳液 ・クリーム ・ パック

乳液・クリーム

水分と油分を混合させてつくったものが乳液です。

含まれる油分の量によっても様々な種類があり、使用感もそれぞれに異なります。

乳液は、化粧水でたっぷり水分補給した肌に、補給した水分の蒸発を防ぐために使います。

美容液を使用する場合は、乳液の前に使い、美容液の栄養を逃がさないように閉じ込めます。

乳液の油分が、できるだけ少ないものを選びます。

ベタついたり、ヌルヌルしたりするのは油分が多すぎます。

しかし、20代から30代前半の肌なら、時間が経てば自然に皮脂が分泌されて、乳液と同じ働きをしますので、乾燥が激しい人でなければ、美容液までのスキンケアだけで十分といえます。

《クリーム 》

乳液よりも、さらに油分を多くしたのがクリームです。

お休み前のスキンケアは30歳を過ぎると、肌が乾燥しがちなので美容液のあとクリームで乾燥を防ぎます。

乾燥肌の人は、こってりしたものを選んでしまいがちですが、肌には過剰な油分として残ってしまうことがあり、これがニキビや吹き出物の原因になってしまうこともあります。

乾燥肌の人でも過剰にベタつく感触のものは避け、肌の状態を見て必要なところにだけ使用するようにしましょう。

《パック 》

パックには大きく分けて、はがすタイプ(ピールオフタイプ)と、洗い流すタイプがあります。

一般的に、はがすタイプは毛穴の汚れや古い角質などを取り除く効果があります。

しかし、肌の弱い人には、刺激が強い場合があり、お勧めできません。

また、化粧水や美容液をコットンなどに浸し、肌にのせてパックするのもいいでしょう。

乾燥している時などは、特に効果を発揮します。

肌のコンディションによって、保湿パック・ ホワイトニングパック ・ マッサージパックなど、またパックのタイプも、はがすタイプ・ 洗い流すタイプ ・ コットンパックなどを使い分けるといいでしょう。

次→ 肌のお手入れにつて



メイクの仕方・モバコムメニュー


ベースメイク編

ファンデーションの選び方
小じわ ・肌のキメ ・顔色が悪い
肌トラブルをカバー ニキビ・ クマ
フェイスパウダーの使い方
夏と冬のファンデーションの塗り方
ファンデーションを綺麗に塗るコツ

眉メイク編

眉メイクのコツ
左右をバランスよく描くには

目元メイク編

目元をクッキリ見せる方法
目元がくすみがちの人
アイシャドーに変化を与えるには
アイラインの引き方

まつげメイク編

マスカラをつけるコツ@
マスカラをつけるコツA
カールを長持ちさせるには
まつ毛にカールをつける

チークのポイント編

チークで雰囲気を変えよう
チークの入れ方

口紅 ・ リップ編

口紅の色をキレイに出す
リップブラシの選び方とポイント

スキンケア編@

乳液 ・クリーム ・ パック
肌のお手入れにつて
自分の肌質を知ろう

スキンケア編A

間違ったスキンケアが肌の老化を早める
美肌づくりの基本は洗顔から
クレンジング剤
クレンジング方法
洗顔
洗顔の方法
保湿成分
化粧水
美容液
主な保湿成分

スキンケア編B

アイジエイジング 肌の老化の原因
美白化粧品
主な美白成分

マスカラ&アイシャドウ

マスカラ
アイシャドウ

眉毛&眉毛カット

眉毛
眉毛カット

アイシャドウの塗り方&アイライナー

アイシャドウの塗り方
アイライナー

チーク&落ちない口紅

チーク
落ちない口紅

簡単アイメイク術

アイライン編
マスカラ偏

パーティー&イベント対応メイク術

テクニック 1,キラキラアイシャドウをプラス
テクニック2,パープルのハイライトパウダーで透明感アップ!
テクニック3,目頭にキラキラキッドアイシャドウをオン!
テクニック 4,キラキララメ入りグロスオン!
美のルール



ページの上へ▲
メイクの仕方・モバコムトップに戻る
サイトマップ
 

(C) メイクの仕方・モバコム.
スプレッド縮小キャンペーン