肌のお手入れにつて


メイクの仕方で変わる ナチュラルで可愛い上手なメイクの方法
メイクの仕方・モバコム > スキンケア編@ > 肌のお手入れにつて

「何を使っているの? あなたのお肌ツルツルね。」などと聞いて同じ化粧品に跳びついてしまう人って割と多いですよね?

しかし、その人がツルツルのお肌になったからって、あなたの肌もそうなるとは限らないのです。

乾燥肌と脂肪肌では同じ化粧品では良いわけありませんね。

でも、きちんと自分の肌質を分かっている人は案外少ないと思います。

毎日、せっせとお肌のお手入れをしていても、メイクのノリが悪いとか、お肌のトラブルが絶えないという人は、自分の肌質に対して間違った思い込みがあるかも知れませんね。

自分の肌質をきちんと知ることが大切です。

きちんと自分の肌を知り、必要なものだけを正しく使っていれば、失敗は避けれます。

「血色はどうか」「ツヤはあるか」「顔にゆがみはあるか」など自分のお肌の状態を見る習慣をつければ、その日のコンディションが自然と見えてきます。

『あなたの肌質はどのタイプ?』まずはこの2つのタイプが基本です。

※乾燥肌(ドライスキン)・・・皮脂分泌が少なく、かさつきがちな肌
※脂肪肌(オイリースキン)・・・皮脂分泌が多く脂っぽい肌

自分の顔を指でさわってみてどうでしたか?

全部同じように乾燥肌、あるいは全部脂肪肌という人は、あまりいないはずです。

多くの人はTゾーンの額から鼻にかけては、皮脂分泌が多く脂っぽい肌になっています。

また目とか頬は皮脂分泌が少なく、かさつきがちな肌になっています。

このようにほとんどの人はドライな部分とオイリーな部分が混在する混合肌なのです。

それなのに同じ化粧品を顔全部に使ってはいませんか?

これではトラブルが起こっても仕方がありません。

ですからゾーンをいくつかに分け、それぞれ部分をチェックします。

@Tゾーン
Aアイゾーン
Bほお
C口まわり
Dあご

こうしてチェックすると、シワむくみ・ くすみ ・ 黒ずみ ・ ハリの状態がよく見えてくると思います。

こうしたゾーンごとの状態を見極めて、それぞれに合ったお手入れをしましょう。

次→ 自分の肌質を知ろう



メイクの仕方・モバコムメニュー


ベースメイク編

ファンデーションの選び方
小じわ ・肌のキメ ・顔色が悪い
肌トラブルをカバー ニキビ・ クマ
フェイスパウダーの使い方
夏と冬のファンデーションの塗り方
ファンデーションを綺麗に塗るコツ

眉メイク編

眉メイクのコツ
左右をバランスよく描くには

目元メイク編

目元をクッキリ見せる方法
目元がくすみがちの人
アイシャドーに変化を与えるには
アイラインの引き方

まつげメイク編

マスカラをつけるコツ@
マスカラをつけるコツA
カールを長持ちさせるには
まつ毛にカールをつける

チークのポイント編

チークで雰囲気を変えよう
チークの入れ方

口紅 ・ リップ編

口紅の色をキレイに出す
リップブラシの選び方とポイント

スキンケア編@

乳液 ・クリーム ・ パック
肌のお手入れにつて
自分の肌質を知ろう

スキンケア編A

間違ったスキンケアが肌の老化を早める
美肌づくりの基本は洗顔から
クレンジング剤
クレンジング方法
洗顔
洗顔の方法
保湿成分
化粧水
美容液
主な保湿成分

スキンケア編B

アイジエイジング 肌の老化の原因
美白化粧品
主な美白成分

マスカラ&アイシャドウ

マスカラ
アイシャドウ

眉毛&眉毛カット

眉毛
眉毛カット

アイシャドウの塗り方&アイライナー

アイシャドウの塗り方
アイライナー

チーク&落ちない口紅

チーク
落ちない口紅

簡単アイメイク術

アイライン編
マスカラ偏

パーティー&イベント対応メイク術

テクニック 1,キラキラアイシャドウをプラス
テクニック2,パープルのハイライトパウダーで透明感アップ!
テクニック3,目頭にキラキラキッドアイシャドウをオン!
テクニック 4,キラキララメ入りグロスオン!
美のルール



ページの上へ▲
メイクの仕方・モバコムトップに戻る
サイトマップ
 

(C) メイクの仕方・モバコム.
スプレッド縮小キャンペーン