保湿成分


メイクの仕方で変わる ナチュラルで可愛い上手なメイクの方法
メイクの仕方・モバコム > スキンケア編A > 保湿成分

スキンケアの鉄則は、「不足を補い、与えすぎないこと」です。

肌が荒れて、粉を吹いた状態になったので、乳液やクリームを大量につけてみてもあまり改善しない、といった経験がありませんか?

この考えは実は間違っているのです。

潤いを無くした肌に必要なのは、油分ではなく水分なのです。

例えば、喉が渇いてカラカラなのに、栄養タップリのカツ丼を食べたいとは思いませんよね?

まず、喉が渇いたときは誰だった水分が欲しいものです。

水分を補給し、ようやく空腹を満たそうとカツ丼を食べようと思うものです。

お肌にも、同じ事が言えるというのを覚えておいて下さい。

水分を補うには、乳液やクリームよりも化粧水が最も適しています。

化粧水でまずたっぷり水分補給して、肌の表面を整えてあげましょう。

そして乾燥が激しい肌には、このあとに美容液をプラスします。

潤いのある肌は、水分と脂分 ・ 天然保湿因子のバランスがとれています。

自然に分泌された皮脂が、不意分の蒸発を防ぐコーティング剤の役割をしています。

このコーティング剤としての脂分が不足している場合、クリームや乳液で脂分を補ってあげることが必要になります。

若い肌は、皮脂の分泌が盛んなため、脂分を補給するとしても乳液くらいで十分でしょう。

クリームは、あくまで不足分を補うためのものですから、目のまわりや口元など乾燥しやすい部分にだけ塗り込む程度でもいいでしょう。

しかし、まずは水分をたっぷり補給してから、栄養を与えるということを忘れないようにしましょう。

次→ 化粧水



メイクの仕方・モバコムメニュー


ベースメイク編

ファンデーションの選び方
小じわ ・肌のキメ ・顔色が悪い
肌トラブルをカバー ニキビ・ クマ
フェイスパウダーの使い方
夏と冬のファンデーションの塗り方
ファンデーションを綺麗に塗るコツ

眉メイク編

眉メイクのコツ
左右をバランスよく描くには

目元メイク編

目元をクッキリ見せる方法
目元がくすみがちの人
アイシャドーに変化を与えるには
アイラインの引き方

まつげメイク編

マスカラをつけるコツ@
マスカラをつけるコツA
カールを長持ちさせるには
まつ毛にカールをつける

チークのポイント編

チークで雰囲気を変えよう
チークの入れ方

口紅 ・ リップ編

口紅の色をキレイに出す
リップブラシの選び方とポイント

スキンケア編@

乳液 ・クリーム ・ パック
肌のお手入れにつて
自分の肌質を知ろう

スキンケア編A

間違ったスキンケアが肌の老化を早める
美肌づくりの基本は洗顔から
クレンジング剤
クレンジング方法
洗顔
洗顔の方法
保湿成分
化粧水
美容液
主な保湿成分

スキンケア編B

アイジエイジング 肌の老化の原因
美白化粧品
主な美白成分

マスカラ&アイシャドウ

マスカラ
アイシャドウ

眉毛&眉毛カット

眉毛
眉毛カット

アイシャドウの塗り方&アイライナー

アイシャドウの塗り方
アイライナー

チーク&落ちない口紅

チーク
落ちない口紅

簡単アイメイク術

アイライン編
マスカラ偏

パーティー&イベント対応メイク術

テクニック 1,キラキラアイシャドウをプラス
テクニック2,パープルのハイライトパウダーで透明感アップ!
テクニック3,目頭にキラキラキッドアイシャドウをオン!
テクニック 4,キラキララメ入りグロスオン!
美のルール



ページの上へ▲
メイクの仕方・モバコムトップに戻る
サイトマップ
 

(C) メイクの仕方・モバコム.
スプレッド縮小キャンペーン