主な美白成分


メイクの仕方で変わる ナチュラルで可愛い上手なメイクの方法
メイクの仕方・モバコム > スキンケア編B > 主な美白成分

・アルブチン・・・高山植物のコケモモなどに含まれる成分で、チロシナーゼを抑制し、メラニンの生成を抑えます。

・コウジ酸・・・米コウジから発見された美白成分で、チロシナーゼを抑制します。

・ビタミンC誘導体・・・ビタミンCにリン酸を加えて安定化したもので、シミシワ ・ ニキビ跡にも効果があり、ニキビの炎症も防ぎます。

・ルムプヤン・・・保湿エキスと表示され、イントネシア産のショウガ科の植物からとった美白成分で、メラニン生成酵素の遺伝子がつくられるのを抑える効果があります。

・ルシノール・・・アメリカでシミの治療によく使われるハイドロキノンに似た物質で、メラニン抑制効果が高く、細胞への害も少ないです。また、アルブチンなどに比べ、肌への浸透性が高いです。

・エラグ酸・・・チロシナーゼの働きをブロックすることでメラニン生成を抑える効果があります。

・火棘エキス・・・火棘というバラ科の植物から抽出した美白成分で、保湿成分と表示されます。活性酸素を消去する効果があり、シミの防止と改善に効果があります。

・カモミラET・・・カミツレエキスともいわれ、メラニン生産を高める指令を出すエンドセリンを抑制することでメラニン生成を抑えます。スポット的にシミやソバカス部分のみを美白したい人にお勧めです。

・ソウハクヒエキス・・・クワエキスとも呼ばれ、クワの根の皮を乾燥させたものから抽出します。オキシレスベラトロールという成分にチロシナーゼの働きを抑える効果がります。

・油溶性甘草エキス・・・保湿エキスを表示される★ 甘草から油で抽出した美白成分で、高い美白効果があります。チロシナーゼの働きを抑え、活性酸素を消去する効果もあります。

→ カテゴリートップへ



メイクの仕方・モバコムメニュー


ベースメイク編

ファンデーションの選び方
小じわ ・肌のキメ ・顔色が悪い
肌トラブルをカバー ニキビ・ クマ
フェイスパウダーの使い方
夏と冬のファンデーションの塗り方
ファンデーションを綺麗に塗るコツ

眉メイク編

眉メイクのコツ
左右をバランスよく描くには

目元メイク編

目元をクッキリ見せる方法
目元がくすみがちの人
アイシャドーに変化を与えるには
アイラインの引き方

まつげメイク編

マスカラをつけるコツ@
マスカラをつけるコツA
カールを長持ちさせるには
まつ毛にカールをつける

チークのポイント編

チークで雰囲気を変えよう
チークの入れ方

口紅 ・ リップ編

口紅の色をキレイに出す
リップブラシの選び方とポイント

スキンケア編@

乳液 ・クリーム ・ パック
肌のお手入れにつて
自分の肌質を知ろう

スキンケア編A

間違ったスキンケアが肌の老化を早める
美肌づくりの基本は洗顔から
クレンジング剤
クレンジング方法
洗顔
洗顔の方法
保湿成分
化粧水
美容液
主な保湿成分

スキンケア編B

アイジエイジング 肌の老化の原因
美白化粧品
主な美白成分

マスカラ&アイシャドウ

マスカラ
アイシャドウ

眉毛&眉毛カット

眉毛
眉毛カット

アイシャドウの塗り方&アイライナー

アイシャドウの塗り方
アイライナー

チーク&落ちない口紅

チーク
落ちない口紅

簡単アイメイク術

アイライン編
マスカラ偏

パーティー&イベント対応メイク術

テクニック 1,キラキラアイシャドウをプラス
テクニック2,パープルのハイライトパウダーで透明感アップ!
テクニック3,目頭にキラキラキッドアイシャドウをオン!
テクニック 4,キラキララメ入りグロスオン!
美のルール



ページの上へ▲
メイクの仕方・モバコムトップに戻る
サイトマップ
 

(C) メイクの仕方・モバコム.
スプレッド縮小キャンペーン