アイシャドウ


メイクの仕方で変わる ナチュラルで可愛い上手なメイクの方法
メイクの仕方・モバコム > マスカラ&アイシャドウ > アイシャドウ

シーズンごとに新しい色が次々と発売されて、どのアイシャドウを買おうか、何色が自分をキレイに見せてくれるのか・・・悩みますよね。

鮮やかなブルーやグリーンなどについつい手が伸びてしまいがちですが、これらの色は日本人にはとても難しい色といえます。

ブルーは身体の中には無い色素で、私たち日本人の肌の色とはかけ離れている色だからです。

しかも、つけた瞬間はキレイに発色しても時間が経つにつれてくすみ、シルバーのような色に変色してしまいます。

さらに完璧にクレンジングして落としきれなかった場合、色素沈着を起こして肌の『くすみ』の原因になりやすい色なのです。

また、一重まぶたや目が腫れぼったいと感じる時は、ピンクなどの暖色系のアイシャドウは目を重たく見せてしまいます。

黄色っぽい色やブラウンなどは自然な仕上がりになって、表情をイキイキと見せてくれます。

メイクをする時、すぐにまゆ毛を描いてしまいがちですが、アイシャドウを先にしてその濃さや雰囲気に合わせて、最後にその日のまゆ毛を仕上げるとバランスが取れます。

→ カテゴリートップへ



メイクの仕方・モバコムメニュー


ベースメイク編

ファンデーションの選び方
小じわ ・肌のキメ ・顔色が悪い
肌トラブルをカバー ニキビ・ クマ
フェイスパウダーの使い方
夏と冬のファンデーションの塗り方
ファンデーションを綺麗に塗るコツ

眉メイク編

眉メイクのコツ
左右をバランスよく描くには

目元メイク編

目元をクッキリ見せる方法
目元がくすみがちの人
アイシャドーに変化を与えるには
アイラインの引き方

まつげメイク編

マスカラをつけるコツ@
マスカラをつけるコツA
カールを長持ちさせるには
まつ毛にカールをつける

チークのポイント編

チークで雰囲気を変えよう
チークの入れ方

口紅 ・ リップ編

口紅の色をキレイに出す
リップブラシの選び方とポイント

スキンケア編@

乳液 ・クリーム ・ パック
肌のお手入れにつて
自分の肌質を知ろう

スキンケア編A

間違ったスキンケアが肌の老化を早める
美肌づくりの基本は洗顔から
クレンジング剤
クレンジング方法
洗顔
洗顔の方法
保湿成分
化粧水
美容液
主な保湿成分

スキンケア編B

アイジエイジング 肌の老化の原因
美白化粧品
主な美白成分

マスカラ&アイシャドウ

マスカラ
アイシャドウ

眉毛&眉毛カット

眉毛
眉毛カット

アイシャドウの塗り方&アイライナー

アイシャドウの塗り方
アイライナー

チーク&落ちない口紅

チーク
落ちない口紅

簡単アイメイク術

アイライン編
マスカラ偏

パーティー&イベント対応メイク術

テクニック 1,キラキラアイシャドウをプラス
テクニック2,パープルのハイライトパウダーで透明感アップ!
テクニック3,目頭にキラキラキッドアイシャドウをオン!
テクニック 4,キラキララメ入りグロスオン!
美のルール



ページの上へ▲
メイクの仕方・モバコムトップに戻る
サイトマップ
 

(C) メイクの仕方・モバコム.
スプレッド縮小キャンペーン